タダシップで新婚時代に戻れました

インポテンツなんて、他人事と思っていました。
しかし、自分にも起こるとは、思ってもみないことでした。
ちょっとおかしいなと感じるようになったのは、45歳を過ぎたころからだったでしょうか。
なんとなく元気がないというか、すぐ柔らかくなってしまう感じで、「最近、仕事が忙しくて疲れているのかな」、と自分自身を納得させていました。
しかし、その後も改善することはなく、50歳を過ぎたころには、完全に立たなくなってしまっていました。
別に死ぬわけではないので、焦ることはありませんでした。
また夫婦の営みも、もともとあまりなかったので、インポテンツになったからといって、それが問題になることもありませんでした。
しかし、80歳ならまだしも、まだ50代でこれでは悲しい限りです。

 

50代でもまだまだ・・・でも体がついてこないという現実

50代になって、自分自身の下半身に自信がなくなってしまいました。
実は、知人の一人に、同じような状態になっているのがいたのですが、彼は勃起不全を改善するための治療薬を服用するようになり、それがうまくいっていると言うのです。
治療薬を紹介してもらうと、タダシップという勃起不全治療薬を服用しているとのことでした。
気になったので調べてみると、タダシップというのはインドのシプラ(Cipla)社が作っているジェネリック薬品で、ベースになっているのはシアリスという勃起不全治療薬です。
この薬の特徴は、何といっても効果の持続時間が長いということです。

tadacip11平均すると、24時間~36時間効果が持続します。
たとえば、勃起不全治療薬としては世界的にも有名なバイアグラなどは、そこまでの持続力はありませんから、行為に及ぶ直前に服用する感じになってしまうようですが、タダシップなら、朝、あるいは前日に服用しても、ちゃんと効果があるので、精神的にはかなりゆとりが生まれるようです。
また、食事の制限がないのも大きなメリットだそうで、他の治療薬だと食事を避けなければ、体内に有効成分が吸収されきれず、効果が薄れてしまうようです。
知人の紹介もあったことで、わたしもこのタダシップを購入してみることにしました。
薬局では購入することはできなかったので通販で購入しました。
通販サイトはいろいろありましたが、すべて個人輸入代行サイトということでした。
価格は、一回あたり500円前後になります。

決して安くはないのですが、まとめ買いすると、120円前後にまで価格を抑えることも可能なようです。
夕食後に服用しましたが、服用すると無条件に勃起するわけではなく、性的刺激を受けると勃起するという感じで、つまり、非常に自然という印象です。
しかし、こんなに元気に勃起したのは何年ぶりだろうと思うと、それだけでうれしかったですね。
夫婦の営みも久しぶりで、やはり愛を確かめ合うというのは大切なことだなと感じました。
気分的には新婚時代に戻ったという感じでした。

ただ、勃起はうまくいきましたが、体力はかなり落ちており、終わったあとは息切れしてしまいました。
運動をして体力をつけなければならないなと思っています。

Comments are closed.